セフレとはなにか

みなさんの周りには、たくさんの出会いが転がっていますか?
毎日通っている会社や学校、お気に入りの洋服屋さん、通いなれた居酒屋など、異性と接する場面はけっこう何度もあるのではないでしょうか。
いいな、と思う異性も、なかには何人かいるかもしれませんよね。
ただ、その「いいな」と思う気持ちだけで、相手との関係を発展させることは、なかなか難しいことが多いのが現実ですよね。
相手も同じように思っていたとしても、やはり、意思の疎通を図ることは、初対面では難しいものです。
単なる出会い、ということで考えてもそうなのですから、目指す関係がセフレであれば、なおさら関係を築くのが困難になります。
では、セフレとはいったいどのようなものなのでしょうか。
一般に言われているセフレとは、セックスフレンドの略称です。
つまり、セックスを楽しむということを前提にした男女、もしくは同性の関係を指します。
この場合、恋人ではなく、あくまでも友達関係であるということがポイントではないでしょうか。
恋人同士のように何かに縛られたり、制約があったり、ということがないぶん、純粋にセックスだけを楽しめるというのが、セフレの良い点ですよね。
相手を思う気持ちはもちろんあるとは思いますが、その形が恋人に対するものと違うので、それだけ行為そのものにのめり込めるのかもしれません。
最近では小説やドラマなどでもセフレをテーマにしたものが登場しますし、アニメやアダルトゲームなどにも、そのような関係がよく出てきます。愛人契約という言葉もありますね。
インターネットなどでも、よく出てくる言葉ではないでしょうか。
それだけ、広く周知されており、大衆化している言葉なのかもしれません。
目的が目的なだけに、男性がその関係を求める、ということが多いように思われますが、女性の中にもそれを求めている人がいるというのも事実です。
寂しさを感じる時や肉体的欲求が高まっているときなど、ふとセフレがいたらいいのに、と考える女性もたくさんいるのではないでしょうか。
とはいえ、恋人同士がそうであるように、セフレもまた、お互いの気持ちが同じ気持ちで一致していなければ成り立ちません。
どうせ楽しむなら、お互いに最後まで気持ちよく楽しみたいですよね。